文字列の操作:

指定した文字数ごとに改行をして返す

文章に対して、指定した文字数(またはバイト数)ごとに改行をして返す。元々含まれている改行はそのまま残る仕様。
お問い合わせフォームなどで、入力された長文を読みやすく整形する際などに有効。

String1
文字列を渡す
Number
一行の文字数(またはバイト数)を指定
String2
文字数かバイト数かを指定 char = 文字数 ・ byte = バイト数 / 省略した場合は char となる
●必須引数 ●オプション引数(省略可能)

記述例

$strLineLength('文字列○○○', 40)
$strLineLength('文字列○○○', 82, 'byte')

動作サンプル

以下のサンプル文章に、指定した設定で改行を加えて表示する。

HTML : <textarea id="sample1">【サンプル文章】○○○○</textarea>
Javascript : var resultStr1=$strLineLength($id('sample1').value,30); //30文字で区切る var resultStr2=$strLineLength($id('sample1').value,60,'byte'); //60バイトで区切る
※上記のサンプルコードは主にPC表示用を想定している。スマホ用のコーディングでは別途調整が必要となる可能性がある。
※この関数の動作サンプルとして必須ではない装飾的なCSSコードなどは省略して提示している。